大事な家族に合わせて住み替えてきた。だとしたら、この先住み替えないのはなぜだろう。大事な家族に合わせて
住み替えてきた。だとしたら、この先住み替えないのはなぜだろう。

戸建住宅が、
住み替えの終わりではありません。

子どもたちにそれぞれの個室を与えたかった。
大型犬を飼いたかった。
庭でガーデニングを楽しみたかった。
そんな思いで手に入れた一戸建てのマイホーム。
子どもたちが独立した今、広すぎる自宅から、駅前のコンパクトな分譲マンションに「住み替え」するご夫婦が増えています。 「マスターズセーヌ三田駅前」は、街全体が美しく発展する駅前再開発エリアに誕生。
買物も病院も、マイカーいらず。散歩がてらに、ちょっとお酒も楽しめる。
その上で、館内最上階の大浴場や展望レストラン、医療・介護・生活支援サービスも充実。 駅前に住み替える利便性だけではなく、プラスアルファの歓びと安心に満ちています。

心の充実を求めて。
早めの引越しが将来の安心につながります。

仕事と子育てを終えたばかりで、身体も気持ちも若々しい60代の方々は、定年という大きな節目を迎えると、住まいに対する漠然とした不安が表面化してくるようです。
NPO法人「老いの工学研究所」の調査によると「現在の住まいについて、不満や不安はありますか?」
という質問に対して、高齢女性の約半数、男性では3人に1人が、「住まいに不満や不安がある」と答えています。
中身は「維持管理が大変」「段差」「耐震性」が上位項目。
家族構成やライフスタイルの変化、身体的な衰えに伴い、住まいに求める条件が変わるのは当然でしょう。
にもかかわらず、多くの方々が生活環境の変化に合わない住宅に住み続けている現状がうかがえる結果となりました。
住まいへの不安、子どもや家族に迷惑をかけたくない、面倒な家事から解放されたい。
それらが解消されて初めて、心の充実が得られる日々につながるようです。

新しい三田の駅前移住計画、始まっています。

子どもの成長や独立、人生の節目をきっかけに。
集合住宅が計画されている三田駅前Bブロック地区では、すでに多くの方々から注目を集めています。
三世代が同じ街で活き活きと暮らせる新しい三田市の玄関口。さあ、あなたも移住しませんか。

駅前移住計画

駅直結の大型ショッピング施設、
「キッピーモール」に隣接。

「マスターズセーヌ三田駅前」は、Bブロックに誕生します。大型ショッピング施設「キッピーモール」が北側に隣接する便利な立地。キッピーモールは駅とペデストリアンデッキでつながれ、JR「三田」駅・神戸電鉄「三田」駅へのスムーズなアプローチを実現します。

キッピーモールフロアガイド

ますます便利に、快適に。
三田駅前再開発整備構想。

三田市では、三田駅前の多彩なターミナル機能の集積と中心商業地としての活性化、近代化を図るために、道路・ペデストリアンデッキ等の公共施設、商業・業務用施設の整備を推進。市街地の再編成が進められています。構想では三田駅前の約5.0haを4つのブロックに区分し、三田市の玄関口にふさわしいゆとりある空間整備を目指します。

三田駅前再開発整備構想

将来のことも、お孫さんとのふれあいも。
三世代が同じ街に住む賑わいと安心。

Bブロックでは、すでにファミリー型分譲マンションが完売し、事業コンセプトである「三世代が同じ街に住み、活き活きと一緒に暮らせる街」が動きはじめています。「マスターズセーヌ三田駅前」と共に、高齢者施設(特別養護老人ホーム)、認可保育所を複合開発。多世代の賑わいを生み出します。また、隣接する商業施設「キッピーモール」との一体感を持たせ、ゆったりとした歩道スペースを確保。災害時にも強い、賑わいと開放感に満ちた新街区となって生まれ変わります。

将来のことも、お孫さんとのふれあいも。三世代が同じ街に住む賑わいと安心。

「これで、大丈夫。」な住み替えを応援するのは、
シニアライフを先導する東西2社のリーディングカンパニー。

私たち株式会社マスターズセーヌは、東京証券取引所市場第一部(証券コード:3284)上場企業の株式会社フージャース ホールディングス グループ連結子会社。兵庫県三田市にて高齢期の住み替えに適した分譲マンションを提供することを目的に設立した会社です。シニア向け分譲マンションの市場において、首都圏を中心に幅広く展開する「フージャース コーポレーション」、近畿圏の約半分のシェアとなる1,200戸超を提供してきた「ハイネスコーポレーション」の2社が出資いたしました。関西初の2社による共同事業として、ご本人だけでなく、お子様やご親戚の方にも信頼いただける、真の「終の棲家」をお届けします。

外観

フージャースコーポレーション
超高齢社会を見据え、健常なシニアがより自分らしく生活するための施策は不十分だと考え、「今を自由に謳歌し、将来の安心も手に入れる」分譲マンション「デュオセーヌ」を首都圏中心に展開。平成27年(2015)、シニア事業に特化した(株)フージャースケアデザインを設立。シニアサービスの提供を一貫体制で行っています。
ハイネスコーポレーション
常に新しい形のシニア向け分譲マンション事業の企画立案から販売までをトータルにサポート。今後の超高齢社会を見据え、NPO法人「老いの工学研究所」・一般社団法人「高齢期の住み替え推進協議会」の会員にも所属するなど、高齢期の住まいに関する研究をさらに深化させています。
※掲載の完成予想図は設計図書を基に描いたもので、実際とは異なり、施工上の都合や行政指導等により、今後変更になる場合があります。タイルや各種部材につきましては、実際と質感・色等見え方が異なる場合があります。植栽につきましては特定の季節の状況を表現したものではなく、竣工時には完成予想図程度には成長しておりません。予めご了承下さい。
※掲載の航空写真は2015年7月に撮影したものに、一部CG処理を施したものです。※掲載の環境写真は2015年10月に撮影したものです。
マスターズセーヌ三田駅前 マンションギャラリー 0120-182-202 マスターズセーヌ三田駅前 マンションギャラリー 0120-182-202